鍵穴

















 この家のファサードは、鍵穴の形をしている。
 混み合った町の道ぞいに立つ“我が家”を“開ける”、その鍵が、そのまま、家の形をしている。
 家は人生を楽しく開く鍵だから。 1つの小さな鍵、家が鍵。

 The house is the Key!

 場所は日本の京都。人間4人と猫2匹のための小さな家。延べ床面積100平方メートル。駐車場の端の小さな敷地に、まるで海の端にぽつんと置き忘れたテーブルのように建っている。





  • このファサードの窓のしるしは、Keyだ。
  • 外壁は墨入りモルタル塗り。
  • シンプルな色分け。ポイントで使う赤と紫。
  • 三角の屋根。
  • ランダムな小窓の配置。
  • 形をはっきり見せるための縁取り。

 そして、建築の正面の浮かんだような薄い鉄の庇と、それを上下にまたぐ鍵形のスリット。赤ワイン色の戸。
 宝のボックスに施された美しい文様のように。

 時折、猫が小窓に座っている姿をあなたは眼にするだろう。彼女はなにを見ているんだろうか。
 この家を開くその鍵を、あなたはまだ持っているだろうか。





 建築データ:「鍵穴」

  • 所在地:京都
  • 敷地面積:90.81㎡
  • 延床面積:103.47㎡
  • 構造設計:EASTERN design office
  • 施工:arcc
  • 写真:鳥村鋼一




Comments