1/21

スリットの家

 この家は60本のスリット「だけ」でできている。他に窓はない。

 細長い土地を全長105mの壁で囲み、 幅14cm、60本のスリットを刻む。この建築は、緑がすぐそばにないという敷地にあっても、光と建築との関係によって、自然を感じとることができる。

 

 スリットによるコンセプチュアルな造形は、ガラスを多用する現代建築の対極にある。

 スリットは、「窓」に対する挑戦であり、建築を構成する術を変える実験性を持つ。スリットだけで構成するという発想が、そのまま建築の造形を形づくる。その単純な方法が、全体の輪郭を際立たせ、建築の在り方をえぐり出す。

 内部と外部の両義性をつくり出すことによって、スリットの家の分厚い壁は、窓を再定義する。

 敷地は奥行き50m、間口7.5m。民家が軒を列ねる、古くからの日本の都市にある。

 さらに、隣地には病院の廃虚がある。つまり、この場所でのあからさまな開放は適当でない。

 この極端に細長い敷地を、ぐるっと壁でとり囲み、スリットでその囲いを開く。幅14cmのスリットが外からの視線を遮る。

 スリットが60本の光だけをうちへ通す。これは、隣家がせまる日本の住宅地に住まうための方法である。

 

 80才の老婦人が暮らすこの家には、柔らかな光の生活空間と、住宅であることを忘れさせるようなスケールが同時にある。

 スリットは光をより意識させ、内部は予想以上に明るい。スリットから差し込む光は、天候、季節、時刻によって刻々と表情を変える。 スリットは、人々に詩的な原体験を思い興させる。まるで日本建築の襖や障子(伝統的な建築)の隙間から差し込む光、あるいは、 古代の石造建築の天窓から差し込む光の筋のようである。

 

 この建築には、まるで壺のなかにいるような凛とした静けさと、どこまでも続いてゆくような詩的な明るみがある。 

 スリットは、建築のあらたな可能性を秘めている。

この家には特別な時がある。

 

夜明け、スリットから入り込む淡い光。全体がほの明るい。

 

午前9時半、スリットの小口に反射する、弱い光の連続。

 

午前10時半、まず斜めのスリットを太陽が貫き・・・

 

午前11時。全部のスリットに太陽が突き刺さる。

 

スリットを貫く太陽、小口を反射する光、2つの光が、V形の筋を長い廊下に落としこむ。

この光の反復を見ると、11時という時刻が止まってしまうかのような感覚になる。

・・・10分もすると、小口を反射する光が消える。

スリットがつくる光のかたちは、V形から1本の光の筋に変わる。

斜めのスリットは、太陽が貫く瞬間が、まっすぐのスリットとずれる。

斜めのほうが少し早い。

その一瞬のずれが、太陽の動きを知らせ、やがてくる日暮れの時を予感させる。

次第に光の筋が短くなってゆく。そして、再び淡い光だけの柔らかな明るみ。

建築データ:「スリットの家」

 

  • 所在地:滋賀県甲賀市

  • 敷地面積:346.90平方メートル

  • 建築面積:209.89平方メートル

  • 延床面積:209.89平方メートル

  • 構造:鉄筋コンクリート造

  • 規模:地上1階

  • 用途:住宅兼ゲストハウス

  • 構造設計:北條建築構造研究所

  • 施工:深阪工務店

  • 写真:鳥村鋼一