1/6

モスティップ -ムーンウォーク

 これは、月の一部

 巨大なものの先端

 巨大ショッピング・モールの中の1つの区画につくったシューズ・ショップである。

 9m×12.5m×4mの空間にポンと置かれた大小2つの三角。三角は、月の一部をカットしたかたち。

 だから、月の一部が2つ。2つの三角には月と同じく、大小のクレーターがいくつもある。

 大きな三角にはシューズを展示する。置かれたシューズたちは、まるで、透明人間が月面歩行しているようだ。

 矢の先のような三角は、地面から浮いているのではない。ぎりぎり、接地している。緊張感がある。

 動き出すような。

 空間の片面を全面ガラス張りにしているから、空間は2倍、見る角度によって、三角は2つが3つ、4つになる。

 また、大きな三角は、菱形(ひしがた)に変わる。

 

 月面を歩くスニーカー

 

 巨大な三角のクレーターは、大きな三角に24個。小さな三角に15個。5種類の球を使い分けている。

 これらは花火である。

 打ち上げ花火の花火玉を型枠としてつくっているからだ。花火玉は、紙でつくられた完全な球である。

 夜空の花火は、その火薬を仕込む花火玉が完全な球でなければならない。その均整な放射を保てないからだ。

 したがって、三角のなかに完全な球形をいくつも施工できた。


 先端の三角は、つまり、氷山の一角。 これは一部ですよ。まだまだいろんな見え方を包含しているデザインの、 

広がりある店鋪経営の、一角である。 重く見えるか、軽く見えるかは、見る人次第。

 

建築データ:「モスティップ」

 

  • 所在地:滋賀県

  • 延床面積:113.70平方メートル

  • 用途:店舗

  • 写真:鳥村鋼一